耐震診断の流れ

 



調

 

コア抜き
壁などのひび割れ調査
超音波探傷

 

耐震診断は図面資料などを基に行いますが、図面だけではわからない劣化状況などは現場を見て確認・調査します。調査は、コンクリート強度測定のためのコア抜き、壁などのひび割れ調査などを行います。鉄骨造は溶接部の超音波探傷を行います。




 

診断時報告書
診断時報告書
診断時報告書

 

設計図書および事前調査での情報を踏まえ診断を行います。診断により建物の安全性を数値化し報告書としてまとめます。診断により耐震改修・補強の必要があると判断された場合は、耐震補強工事や建て替えといったご提案を致します。





 

改修・補強
改修・補強
改修・補強

 

診断で改修・補強が必要と判断された建物は、耐震改修の計画を進めます。補強の場合は、補強の「方法」「箇所」「補強程度」を検討し最適な方法をご提案します。補強後の安全性についても計算により算出しご報告致します。

 

耐震診断実績